top of page

AIDMAの法則 ACTION(行動)

おはようございます。医療・介護・福祉経営コンサルティング SELPFULJAPAN合同会社の塚本です。



昨日から、娘が高熱を出して苦しんでおります。

南国旅行を楽しみにしていたのに、丸1日寝たきりなんて、本当に残念です。しかし、物事はポジティブに捉えるべきだと考えております。


きっと、今回、熱を出して寝込まなければ、より大きな災難が降りかかっていた可能性があります。それを防ぐために、神様があえて寝込ませたのだろうと・・・・


これはポジティブすぎますかね・・・ 




さて、本日は「AIDMAの法則 ACTION」についてお話をします。AIDMAの法則もこれで最後ですね。



Attention(注意・認知)

Interest (興味・関心)

Desire  (欲求)

Memory (記憶)

Action (行動)




注意を惹きつけ、認知度を高め、興味と関心を持ってもらい、そこから欲しい!という欲求を抱かせる。相手のタイミングの課題があることから、記憶にとどめておき、必要になったら利用してもらう。


この流れがマーケティングの基本です。


必要なプロセスを経た上で、最終的に購入するか、利用するかどうかは顧客次第となり、私たちがコントロールできる範囲ではありませんよね。それはマインドコントロールになってしまいますから。



営業活動を行う上で、経営者や営業を管轄する管理者の勘違いの多くは、”顧客の判断を自分たちでコントロールできる"と思っている事です。



病気の治療と同じで、適切な処置を施しても、あとは患者の体力や精神力に委ねることがありますが、まさにそれと同じです。



結果をコントロールするのではなく、望む結果を出すために必要なプロセスをコントロールする、これが私たちが努力すべきことなのです。


最後のアクションは、まさに「神のみぞ知る」ということでしょうか。



医療・介護・福祉業界のような一見して関係無いようなAIDMAの法則は、医療機関や介護施設で地域連携を実施する上では、とても役に立つフレームワークです。



自分たちの事業所が、地域でどの程度まで進んでいるのかを知るためにも、一度、AIDMAの法則に倣って分析してみるのもいいでしょう。



思っていたよりも、認知度が低い、認知度はあるけど利用者の行動意欲までは届いてないなど、課題を発見できるチャンスです。



ぜひ試してください。








閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page