top of page

2種類のモチベーションを知っているか?

更新日:3月23日



人が仕事をするには、2つのモチベーション作用が働いているのをご存じでしょうか?



モチベーションという言葉は良く聞くものの、ほとんどの人が”その意味”について深く考えたことはないと思います。



人が仕事をする上で欠かせないモチベーションを、どのように有効的に活用し、コントロールし、組織強化を図ればいいのか、これは本当に難しい問題です。



しかし、このモチベーションを理解することで、



今日から、明日から従業員のやる気を引き出し、定着させ、組織を活性化させることができるかもしれませんので、ぜひ考えていただきたいと思います。





 


おはようございます。Fukushi Vision Group株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティングの塚本です。



運動不足を解消するため、子供たちを連れて市内の柔道場を借りて「打撃練習」をしてきました。


起業してからは格闘技を練習する機会を失っていましたが、


子供たちが空手を始めて、継続できているのをきっかけに、寸止め空手ではやらない組み手を中心に汗をかきました。



いやーやっぱり楽しいですね。


こちらも継続していきたいです。




 


さて、本日は『2種類のモチベーション』についてお話します。



一般的には、モチベーションと言えば「やる気」を表しますね。



何のために仕事をしているの?と聞かれれば、それは生活のため、いわゆる大半がお金のためと言います。


また、人によっては昇格、昇給、ボーナス、車や家の購入、場合によっては家族のためという人もいるでしょう。



私からすれば、これは全て『外発的モチベーション』なのです。


わかりやすく言えば、「何か、他人から与えられるモノやコトによってやる気を引き出す」ことです。




そうではなく、その仕事が好きだから、その仕事がやりたいから、自分が人として社会人として成長したいから、または夢を叶えたいから、このような自分自身の内なる心から湧き上がるやる気を『内発的モチベーション』と言います。




他人きっかけではなく、自分きっかけで、行動できるものです。





 


『マネージャーの最も大切な仕事』という著書の中で、外発的モチベーションより内発的モチベーションが高いほうが、仕事におけるパフォーマンスが高いことが分かっています。



それはそうですよね、 好きだからやる、やりたいからやる、楽しいからやる。この感情と理由に勝てる理由はありませんよね。



例えば、月100万円の給与だからといって、本当にブラックな会社で休みもなく働くことが幸せなのか?それは本当に会社で高いパフォーマンスを発揮できるのか?と言われれば、答えはNOだと思います。



お金の為に、と言っているが現実問題、中々厳しいものです。



また、内発的モチベーション、私はこれを『意志力』という表現をしますが、意志力が高いほど仕事の継続力が高く、そして帰属意識も高くなります。



経営者は、組織パフォーマンスを高くしたければ、従業員の『意志力』を高くする努力をしなければなりません。



ただしそれは、福利厚生の充実や賞与等で調整するのではなく、面談やコミュニケーションを通じて、組織と仕事を好きになってもらうということです。





お金で釣った人材は、お金で出ていきます。





 

弊社ではこれまで30社以上の『営業』『人材』『組織強化』の3つをご支援しております。


【クライアント例】

・総合病院、総合診療クリニック、訪問診療クリニック

・有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム、デイサービス

・訪問看護ステーション、訪問医療マッサージ、訪問介護ステーション

・障害者グループホーム、就労継続支援B型・A型事業所




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FukushiVisionGroup株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティング

1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)

ご相談はこちら↓

070-1527-2565


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page