top of page

数字だけでは分からない!従業員の努力を知っているか??

更新日:3月20日


医療機関、介護施設、障害者事業がなんとか運営できているのは、従業員のおかげ!ということを忘れてはいけません。



役割だけを与え、それをただ作業としてこなしていればいい、それに対して給与を払っているという考え方は、経営者として傲慢であり、とても冷たいのです。



どれだけ現場で頑張っているか、数値結果だけでは判断できない、見えない努力とチームワークがそこにあるのです。





 



おはようございます。Fukushi Vision Group株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティングの塚本です。



先日、豊洲にある「チームラボプラネッツ」に行ってきました。


驚いたことが3つあります。


1.外国人が多い事

2.気持ち悪くなったこと

3.家から豊洲まで案外近かったこと


確かにすばらしい作品の数々でしたね!

ただ、三半規管がくるって、気持ち悪くなり、ぐったりしてしまいました・・


一度は行ってみるといいかもです!




 



さて、本日は医療・介護・福祉事業の経営において、数字だけは判断できない現場の努力についてお話します。



経営者が、現場にも介入するような小規模な訪問看護ステーションや、障害者グループホームなどは、現場の苦労を理解しながら運営していると思いますが・・・



総合病院や有料老人ホーム、特別養護老人ホームの比較的大きめな法人となった場合、経営者は現場から離れ、報告書として上がってくる数字だけしか見ませんよね。



そうすると、数字を読む経営者の資質が低かった場合、数字の裏の現場の努力が伝わらない可能性があります。



現に、数字だけで判断したことで、現場が崩壊した医療・介護・福祉事業は多く存在ます。




 


数字だけで判断しようとすれば、現場で働く個々の従業員の評価ができません。



評価ができなければ、給与に反映することもできず、従業員はただ虚しく努力をするだけです。



いかに現場から離れようとも、下から上がってくる報告がすべてではありません。そこには報告する側の意見が大半であり、事実でないことがあります。



経営者は、必ず自分の目で、そして報告する管理者にも、徹底的に現場について調べさせるのです。



今まさに、現場は混乱が起きています。ただ報告されていないだけです。

問題がない現場など存在しませんので、しっかりと見つめ直すことをお勧めします。






 

弊社ではこれまで30社以上の『営業』『人材』『組織強化』の3つをご支援しております。


【クライアント例】

・総合病院、総合診療クリニック、訪問診療クリニック

・有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム、デイサービス

・訪問看護ステーション、訪問医療マッサージ、訪問介護ステーション

・障害者グループホーム、就労継続支援B型・A型事業所



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FukushiVisionGroup株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティング

1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)

ご相談はこちら↓

070-1527-2565


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page