top of page

課題がないという認識が『経営者の課題』


課題がないなんて、あり得ませんよね。会社を経営していれば、売上・人材・組織づくりにおいて必ず様々な問題が起きます。


課題が無い!という医療・介護・福祉事業所は、” 課題が無い ”ではなく、課題を認識できていないということです。


課題の認識も2つ。 認識しようとするか、課題から目をそらすか、


ここが事業所の運命を大きく分けるのです。





 





おはようございます。 医療・介護・福祉経営コンサルティングのSELPFULJAPAN合同会社 塚本でございます。


そろそろ最強寒波というヤツが来るみたいですね・・


なんだか北海道の寒さと、東京の寒さには ” 違う冷たさ ”があるような・・

北海道の時は、清々しい寒さだったから、気持ち良かったんですよね。



やっぱり食事と温泉は北海道ですよね。中標津はお勧めです。






 



さて、本日は『経営者が課題をしっかり認識しているか?』というお話をいたします。



組織にとって、いやいや、これは組織でだけではなく、人間もそうですが『課題』は必ずあるものです。


自分自身のことであれば、課題を課題として認識しなければ、むしろそれは認識次第では課題ではなく、強みになることもありますよね。



ただし、医療・介護・福祉だけではありませんが、事業を経営する場合は必ず直面する課題があります。



それは、『売上』『人材』『組織』の分野大きく分かれます。



すべてが完璧に運営されている企業なんて、あるのでしょうか? 調べてはないですが、人材流出や、企業からのリストラを見れば、どんなに大きな企業でも課題はありますよね。




経営者の視点として大切なのは、『課題をしっかりと認識すること』ではありませんか?

課題の捉え方を、感覚的なもので判断しているのか、それとも数値化して客観的に判断しているのか。




課題を認識しようする心がけは、常に自分たちの事業、足元を見ることであり、分析を必要としますが、そうすることにより、新しい発見が常にあります。



しかし、課題に目をむけることを恐れ、避けようとすれば組織は崩壊へと進むでしょう。




自分たちの組織課題が分からない、表面上では売上減少や人材流出が露呈しているが、そもそも根本的な課題は何か?



私たちコンサルタントは、こういった根本的な組織課題の発見から、支援しています。



超大事です。



ミックスされた様々なルールややり取り、数字的なものをすべて可視化し、整理することから始めると、課題は必ず見えてきます。



概ね、経営者にあるんですけどね・・(笑) 私も含めて。




ぜひ参考にしてください。




閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page