top of page

訪問医療マッサージ集客の極意「資源を確認する」


おはようございます。医療・介護・福祉経営コンサルティング SELPFULJAPAN合同会社の塚本です。



本日は、訪問医療マッサージ事業所における集客の極意についてお伝えします。



新たな挑戦を始める際には、まず手元にある資源の確認が欠かせません。特に重要なのは、その挑戦を推進するための人材がいるかどうかです。今回は訪問医療マッサージの集客について考えてみましょう。






資源の最適活用:営業力を持つ人材を見つける




集客を成功させるためには、適切な営業担当者を見つけることが一つの鍵となります。具体的な戦略と計画を練るためには、限られた人数と予算の中で最適な資源を活用しなければなりません。

「問い合わせを増やす」―その目標を達成するために、まず手元にある資源を見つめ直してみてください。代表と数名の施術者だけで事業を運営しているなら、営業活動を担える人材が求められます。

しかし、営業力を持つ人材といっても必ずしも営業職に就いている人だけとは限りません。施術者の中から営業活動を担当する人を選ぶことも可能です。営業活動に抵抗感がある施術者が多いなら、代表自身が営業活動を担うか、営業担当者を雇うことも一つの解決策となります。




役割分担:組織を成長させる戦略


役割分担は組織を成長させるための重要な戦略です。一人で全てをカバーするのではなく、それぞれの役割に適した人材を採用することで、事業の拡大や資金調達、対外活動など多岐にわたる業務を効率的に進めることができます。



私が関わらせていただいた訪問医療マッサージ事業所では、この役割分担の重要性が理解され、人材への投資が積極的に行われています。一人で何でもやりたいという思いもあるかもしれませんが、事業を拡大すると考えると、一人では対応し切れない場面が必ず出てきます。その時に力を貸してくれるのが、適切な役割を果たせる人材です。





小規模事業への提案:役割分担の導入



これまでに相談を受けた20社以上の小規模事業―訪問看護ステーションや医療機関、障害者グループホームを含む―のほとんどでは、代表が一人で事務から営業、サービス支援、人事までを担当しています。


そのような状況に対する私のアドバイスは「役割分担」を導入することです。会社とは縦の階層ではなく、横の関係を築くべきだと私は考えます。社長、課長、主任などの役職は、それぞれの役割に応じたポジションを意味し、単に誰が偉いという話ではありません。



確かに、経営者が自分が社長だから偉いと勘違いすることもあるかもしれませんが、事業を展開するには、目的を達成するために必要な役割を果たせる人材が必要です。そのための採用活動を行い、役割や責任、重要性に応じて報酬を決定します。



まとめ:資源と人材の適切な活用



挑戦を始める前には、まずは手元にある資源を確認しましょう。その上で、資源が足りなければ補い、足りていればその中で戦略と計画を立てます。このプロセスを進めることで、あなたの事業が次のステップへと進む手助けとなるでしょう。








-------------------------------------------------------------------


【クライアント例】




アドバイザー支援/月額11,000円~

1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)


ご相談はこちら↓

selpfuljapan@tmotoshien.com

070-1527-2565



bottom of page