top of page

考えやアイデアを図式化するトレーニング


皆さんは、常にノートとペンを所持していますか?


私は、お客様への支援方法やさらに付加価値を上げるための「考え」や「アイデア」を常にどこでも頭の中でぐるぐるさせています。


その時に思いついたものを、忘れないうちにメモするだけではなく、図式化しています。


実はこの図式化は、日々の仕事でとても役に立つのです。






 


おはようございます。医療・介護・福祉経営コンサルティング SELPFULJAPAN合同会社の塚本です。



先日遊びに行ったチームラボの影響で、首、肩、背中のすべてが筋肉痛になってしまいました。。本当に辛いです。


大した動きをしたわけではないのですが、目と錯覚と感覚が狂わされ、きっと損傷を受けたのでしょう。。


そういえば思い出しました。今年で36歳であるということを。




 


さて、本日は『考えやアイデアを図式化するトレーニング』についてお話します。


これは、なんというか癖ですね。


目に見えない発想や考えというのを、相手に伝えるためには言葉だけでは不十分となりますから、またそれらを言葉にするときも、実はあまり整理できいないこともあり、この図式化とトレーニングをお勧めしています。



よくクライアント先で、経営者含め従業員の方が、コミュニケーションの取り方で何を伝えて、どのように伝えればいいか分からない・・



そんな話をよく聞きます。



これは一重に、伝えるためのトレーニングが不足しているからです。




言葉で伝えるのはとても簡単です。でも、言葉だけで伝えるというのは一番難しいのです。


ですから、言葉⇒図に変換して、客観的に眺めることで相手伝えることができ、そして自分もその考えや発想を見直すことも可能となります。




 


つまり、よく言われる『言語化』ということです。


言語化は、言葉だけではなく図や絵を用いることもできます。そしてさらによく言われるのが数値化です。


自分の頭の中では高速回転して、様々なアイデアが浮かんだとしても、実際に言語化したら、いろいろ不足点があり、むしろ整理できていないことの方が多いのです。



皆さんが、どこにいようとも紙とペンを用意し、頭の中で考えたちょっといい発想は、ぜひ図式化してください。



それを繰り返すことで、ビジネスパーソンとしても成長でき、人に物事を伝えることができると、経営者であれば社員からの信頼も獲得できます。



伝えることは難しいのですね。本当に。



参考になれば幸いです。






 

弊社ではこれまで30社以上の『営業』『人材』『組織強化』の3つをご支援しております。


【クライアント例】

・総合病院、総合診療クリニック、訪問診療クリニック

・有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム、デイサービス

・訪問看護ステーション、訪問医療マッサージ、訪問介護ステーション

・障害者グループホーム、就労継続支援B型・A型事業所




ご相談はこちら↓

selpfuljapan@tmotoshien.com

070-1527-2565

最新記事

すべて表示
bottom of page