top of page

組織の老害は年齢よりも”人の話を聞かない人”


どんな組織にも老害という人材はいるものです。


看護師、介護職、事務員、その他の職種など様々です。



以前、私は年齢において60歳以上に老害が多いことを書きました。



もちろん、皆が老害というわけではありません。



特に従業員という立場ほど、老害がいればやっかいです。



本当に大変ですよね。苦労は察します。





 

おはようございます。医療・介護・福祉経営コンサルティング SELPFULJAPAN合同会社の塚本です。



今週土曜日から大学院生として再出発いたします。



福祉マネジメント研究科で、医療・介護・福祉組織におけるリーダー育成、人材開発、組織マネジメントを中心に学びます。



学んだことを活かし、今以上にお客様に貢献します。





 

さて、本日も「組織の老害」についてお話します。



人の話を聞けない60代以上を老害として認定しています。



組織にとって、老害という人材はどれほど大きな影響があるか、考えたことはありますか。



老害たる本人は、もちろん気づきません。



老害が侵す罪は、人を辞めさせ、仕事の進捗を妨げ、組織における売上や利益を減少させます。



これほどの人罪を野放しにしておけば、必ず組織は崩壊します。



私たちコンサルタントの役割の一つとして、口達者な老害を、教育し、矯正を図る役割も担っているのです。




 


今の時代、若者が減少し、ベテランが活躍する時代かもしれません。



いくつになっても優秀な人材は、現状を理解、人の話を聞き、行動に移せる人間です。



老害の特徴は、自分の経験則に頼り、時代のアップデートができない考え方や心の持ち主ですが、看護師、介護職、ケアマネジャー、社会福祉士など、専門職である場合には人員配置基準として、老害を採用することもあります。



老害の能力が発揮されるのは1ヵ月程度です。



ですから、老害かもしれない人を採用した場合には、契約社員か業務委託、または試用期間を必ず設けることで、老害の侵入を防ぐことできます。



本当に大変ですよね。



もし苦労されている経営者の方は、遠慮なく弊社にご相談ください。








 

【クライアント例】

・総合病院、総合診療クリニック、訪問診療クリニック

・有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム、デイサービス

・訪問看護ステーション、訪問医療マッサージ、訪問介護ステーション

・障害者グループホーム、就労継続支援B型・A型事業所




ご相談はこちら↓

selpfuljapan@tmotoshien.com

070-1527-2565


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page