top of page

目標と目的の違いについて

更新日:4月3日


おはようございます。Fukushi Vision Group株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティングの塚本です。



目標と目的、これ結構難しいですよね。



私も、以前はこの2つの言葉の意味を説明するのに、相当苦労しました。



似ているようで似ていない、どっちの比重が大きいのかよくわからないですよね。




ただ、いろんな本を読んでいるとなんとなく、自分の中でこの2つの言語を説明できるようになってきました。



日本語って似ている言葉多すぎるので、そこかわかりずらい点であると考えています。






-------------------------------------------------------------------


この2つの漢字をよく見てください。


目標=しるし

目的=まと



目標は、道のりにある「しるし」つまり、道中にあるポイントのことを指しています。


目的は、最終的な「まと」つまり、目指すべきゴールを指していますから、両方を一緒に考えるのであれば、




最終的なゴールにたどり着くには、道中にいくつかの「しるし」目標を設けるということです。



人間、何事もいきなりゴールにたどり着くわけではありません。



目標をを設ける意味は、人間がそこに向かうための動力(体力)を維持するために必要な指標なのです。



遥か遠い、目的を意識しながらも着実に近づいているという認識は、心と身体を維持させます。



-------------------------------------------------------------------



もし、ここで目的と目標を定義するのなら・・・・



目的 = 距離が遠い & 時間がかかる & 大きなもの


目標 = 距離が短い & 比較的、短い時間 & 小さなもの



となります。



目的があって、目標が存在します。


また、ビジネスにおける目的には、2つの性格があります。


それが社会性と事業性です。


①社会性

 社会にとって、どういった存在になりたいか。


②事業性

 ひとつの事業としてどういった事を成し遂げたいか。



これを一緒くたにしてしまうと、理解が難しくなります。


社会にとって必要であり、なすべきことに対して、事業というのは、部分的に相反するところがあります。



多くの従業員さんは、この2つのジレンマに悩んでいるそうです。




それでは。






-------------------------------------------------------------------


【クライアント例】



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FukushiVisionGroup株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティング

1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)

ご相談はこちら↓

070-1527-2565


閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page