top of page

成果を出すために必要な”2つ+1つの要素”

更新日:3月18日


まずよく言われる『成果』とはなんでしょうか。

それは、決して数字で表されるものだけではありません。目に見えない成果というのも存在するのです。


まず成果の指標を定義しましょう。そしてそれ以外に考えられる目に見えない成果も定義しましょう。組織として重要な成果、個人として重要な成果、その二つの成果を出すために必要な要素は、実は本当にシンプルなのです。





 


おはようございます。Fukushi Vision Group株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティングの塚本です。


最近は暖かいですね。昼間も10℃前後で、過ごしやすいなと思います。

ただし、これから花粉という鬼のような季節がやってきます。


インフルエンザや風邪が流行っている中で、どうしても誤解されてしまいますよね。



できる限りの対策を取って、仕事に臨みたいと思います。





 



さて、本日は『成果を出すための必要な要素』についてお話します。



冒頭でもお話したとおり、『成果』というのはかなりざっくりしています。組織が求めている成果とは何か?



まず、これをしっかりと定義しましょう。




成果とは何ですか? こう聞かれたときにちゃんと説明できることが重要です。


一般的には、成果と言われれば売上などの数字を求められることが多いですが、医療・介護・福祉に関していえば、数字とは無関係の場合もありますよね。



例えば、介護施設の職員です。



介護施設が職員に求める『成果』とはなんでしょうか。これは決して数字で表せるものではないですね。


おそらくは、「必要業務」+「質の高い介護」これが求める成果です。



ミスなく、事故なく、入居者にあった適切なケアを行います。ただし、適切なケアに関しては、その時々に応じて変化するものなので、状況に応じたケアという解釈ができます。




訪問看護ステーションではどうでしょうか。


こちらは、「1日あたりの訪問件数」+「質の高い看護」ですよね。


訪問看護に関しては、1件あたりの売上が明確なので、職員の負担と売上の双方を考慮して、1日あたりの訪問件数を数値化して成果とすることができます。





 


このように、成果の定義というのは、事業形態により様々です。



それではここから本題です。


この『成果』を出すために必要な”要素”についてシンプルに解説します。



成果を出すために、組織が、あるいは経営者が考えて配備しなければならないのは、2つ+1つです。



1つ目:「何をやるか、決まっていること」


2つ目:「能力的に実行できる人がいること」


+α  :「ちゃんとやること」



この2つ+1つが重要なのです。



まず、何をやるか、これが決まっていなければいけません。これは当然です。


そして、それを実行できる能力、理解力、行動力が必要です。


さらには、その人が余計な自己感情に流されずに、与えられたことを着実に進めることです。



このシンプルな要素がそろえば、あとは時間の問題です。


求める成果に着実に近づいていきます。







 


弊社ではこれまで30社以上の『営業』『人材』『組織強化』の3つをご支援しております。


【クライアント例】

・総合病院、総合診療クリニック、訪問診療クリニック

・有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム、デイサービス

・訪問看護ステーション、訪問医療マッサージ、訪問介護ステーション

・障害者グループホーム、就労継続支援B型・A型事業所


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FukushiVisionGroup株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティング

1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)

ご相談はこちら↓

070-1527-2565


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page