top of page

人材採用を軽視していないか?

おはようございます。SELPFULJAPAN合同会社の塚本です。


今日の朝は、ファミレスの梅昆布茶から始まりました。


梅昆布茶・・・なんでこんなに美味しいのでしょうか。日本ってすばらしいなと。

私は海外に行ったことはないので、日本の良さを比較できませんが、戦争もなく、食べ物も美味しいので、やはりいい国ですね。



さて、今日は人材採用について、果たして企業は真剣に取り組んでいるのか?というお話です。


弊社は、医療・介護・福祉に特化した経営コンサルティングではありますが、実は飲食、建築、ネイルサロン、警備会社、葬儀など、さまざまな業態のご支援をすることもあります。


というのは、実は業界が異なるだけで、採用支援の本質は変わらないのです。


それはつまり、いかにして採用活動を行い、結果を分析し、次に繋げるかという考え方の問題だからです。


それらの企業も含め、採用活動は行っているが、真剣かどうかと見れば、私からしたらまだまだ真剣ではないという結論に至る企業も多々ありました。


真剣という定義は難しいですが、結局のところ本気で悩んでいるか?採用活動を投げ出していないか? 楽な方法だけを考えてないか?ということです。


採用にはお金がかかることはもちろん、時間も労力もかかります。


そこを削減しようとすれば、良い結果など出てくるはずもありません。


人が組織を形作っているということを、改めて考えれば、採用に真剣にならないというこはありえませんよね。


それこそ、医療・介護・福祉業界において、採用担当部署をつくらず、採用を片手間で行っていることなど良くあります。


私は何度も、採用会議、人事部の創設を提案しましたが、すぐに成果が表れないことには、ネガティブなんですよね。


もし、本気で人材に力をいれたいと考えているなら、確実に人事部を創設することをおすすめします。


機能するまでには時間はかかりますが、機能すればとても力強く、人材不足解消を手助けする大きなパワーとなるでしょう。


その際、もしお手伝いが必要であれば弊社へご相談ください。




閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page