top of page

人事課題を抱える組織へ

更新日:4月26日




おはようございます。Fukushi Vision Group株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティングの塚本です。



今日のお話は、「人事課題を持つ組織に向けて」です。











どんな規模の会社でも、人事課題は大きな悩みです。200人以下の小さい会社も、5000人以上の大手企業も、皆「人手不足」の問題に直面しています。




これは日本全体の問題で、多くの経営者も頭の片隅で感じていると思います。





しかし、現状を見て「人事課題はとりあえず先にして、今の売上を優先しよう」と考えると、後で大変な目に遭います。



私がこれまで様々な場所で人材のサポートを行ってきた経験から言うと、経営者の方が危機感を感じていないことがよくあります。





その一つの理由は、人事課題に直面しておきながら、「人事部門」がない会社が多かったからです。




みなさんの会社には、人事を専門に担当する部署がありますか?会社の規模に関係なく、人手不足に対応するための部署が必要なんです。





では、なぜ経営者は人事部門を作らないのでしょうか?





その理由は、人事部門が直接的に「売上」を生み出さないからです。




経営者は売上や利益を最優先に考え、それが分かりやすく示される部分に力を入れます。しかし、会社を裏から支える部署、特に事務系の部門の評価は、なかなか上がらないんです。




それが分かるのは、総務、経理、人事、法務部など、会社を支える人々の給料が、現場で働いている人たちと比べて低いことです。





私はいつも、「組織の中心は事務である」と言っています。


頭脳 =経営者

腕 =幹部

足 =営業

指 =従業員

心臓=事務




事務は、経営者と協力しながら、クライアントとの連絡を管理し、現場の情報や苦情を集めます。組織全体の情報を一番理解しているのは、実は「事務」なんです。




だからこそ、人事を担当する「人事部門」を作り、組織が目指す目標に向けて、人事の管理を専門的に行う部署が必要なのです。





人事問題を解決するには、人事部門が必要で、その上で、新人を採用する「入口戦略」、教育と成長を支援する「中間戦略」、そして社員が辞めないようにする「出口戦略」を計画的に行うことが大切です。





人事部門がなく、担当者がいくつもの仕事を同時にしなければならず、時間や力、能力が足りない中で人事問題に対処しようとすると、努力が水の泡になってしまいます。





みなさんの組織はどうですか?




人事問題の早期解決は、人事部門の設立と先行投資にあると思います。人が組織を作っているのですから、これは当たり前のことですよね。





それでは。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FukushiVisionGroup株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティング

1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)

ご相談はこちら↓

070-1527-2565


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page