top of page

人事考課制度の複雑性

更新日:2 日前



こんにちは、Fukushi Vision Group株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティングの塚本です。



本日は、人事考課制度の複雑性について考察したいと思います。



まず、人事考課と人事評価、これらの間には何か違いがあるのでしょうか?OpenAIのGPTで調査して得た洞察を共有します。









”「人事考課」も「人事評価」も、共に組織内の従業員のパフォーマンスを評価し、その貢献を理解し、結果を人事管理(昇進、報酬、トレーニングの必要性など)に活用する手段です。


しかしながら、評価の対象となる要素、手法、目的において両者は異なります。


「人事考課」は、通常、特定の期間(通常は1年)の終わりに行われ、従業員の職務遂行能力と成果に焦点を当てた評価です。この評価は、従業員の成果を明確に記録し、目標達成度を評価します。その結果は、報酬の調整(昇給やボーナス)、昇進、キャリア進展に直接影響を及ぼす可能性があります。


一方、「人事評価」は、より包括的な評価で、従業員の技能、知識、行動、態度など、職務遂行の質的な側面を評価するために用いられます。これは組織の文化や価値観にどの程度適合しているかを評価するのに役立ちます。また、トレーニングや開発のニーズを特定し、個々の従業員の強みと弱みを理解するためにも使用されます。


つまり、人事考課は結果を、人事評価は個々のプロセスを評価するというわけです。そしてその評価を基に報酬、昇給、教育方法などが検討されます。”





私自身、これまで様々な人事評価制度を見てきましたが、すべてがすべての組織に完全に適合するわけではありません。時間をかけて制度を作り上げても、それが組織とその現状にマッチしなければ、その制度は適用不能になってしまいます。




だからこそ、人事評価(考課)制度は、一度作成したら終わり、というものではなく、常に状況に合わせて内容を修正することが求められます。





さて、先日の大学院の授業で、公務員の方々とグループワークを行いました。人事考課制度が存在することはわかったものの、公務員の立場からすると、給与、賞与、昇給などは誰もが同等に扱われる制度のため、「何のために人事評価(考課)制度を行っているのだろう?」という疑問が出ました。




評価が低かったり高かったりしても、最終的な報酬は皆平等だとすると、「何のために?」という疑問は妥当ですよね。




制度をつくった行政側としては、人事評価(考課)制度の目的を見直す必要があるのですが、法律はそう簡単に変えられない。それならば職員側が人事考課制度をどう活用するかが重要だ、というのが教授の意見でした。




この視点はとても新鮮でした。




確かに、人事評価(考課)制度は、働く側の立場、雇用する側の立場によって、その目的を変えることが可能です。これはまさに視座を変えるということです。





その意味で、人事評価(考課)制度の中で、部下と上司がじっくり話をする機会をどう活用するかは、評価される側の考え方によります。



【人事評価制度の活用の方法】


・組織の中における自身の成長や自覚の尺度

・モチベーション維持効果

・承認欲求を満たすため

・意見を言う数少ない機会




面白い考察ではありませんか? 人事評価(考課)制度は難解な面もありますが、視点をどこに置くか、視座をどう位置づけるか、視野をどう広げるかによって、新たな学びが得られることを実感しました。




-------------------------------------------------------------------


【クライアント例】




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FukushiVisionGroup株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティング

1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)

ご相談はこちら↓

070-1527-2565


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page