top of page

リスクの種を察知するためには・・・

更新日:3月17日


医療・介護・福祉事業における組織には、常に何かしたらの「リスクの種」が散らばっています。



リスクの種には、売上・人材・顧客等、様々ありますが、これをいかに早く察知し、対処するかにより組織運営の運命が左右されます。



このリスクを察知するには、常に現場とのコミュニケーションが必要なのです。





 


おはようございます。Fukushi Vision Group株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティングの塚本です。


最近、スラムダンクを見直しました。今、映画でやっていますよね。最近のアニメは特に絵がリアルできれいすぎるので、なんとなく違和感がありましたが、やっぱり90年代のアニメというのは、わかりやすくていいですね。



アニメ大国の日本、こういう文化をどんどん海外に伝えてほしいものです。

私にはできませんが。





 



さて、本日は『組織のリスクの種の察知』についてお話いたします。



冒頭でも話したように、組織には様々な問題があります。しかし、それは問題の種を早く察知できなかった、あるいは察知していたが放置していたことにより、リスクの芽に育ち、花に成長してしまった結果なのです。



小さな問題こそ、早めに摘み取ろうという考えはどの経営者でも持っていますが、日頃の忙しさゆえ、放置してしまいがちです。




リスクの種。 本当に怖いですよね。



特に社内の人間関係です。 経営者が思っているよりも現場では日々戦争です。


真面目に医療・介護・福祉サービスを提供すれば、良い経営ができるわけではありません。ロボットのようには、いきません。




 

そこで、リスクの種を早めに発見するための秘策をお伝えいたします。



秘策といっても、至極当然なことです。



問題は必ず”現場”にあります。



経営者が現場にいることには、賛否があるとおもいますが現場の人間は、必ずしも経営者に事実を伝えるとは限りません。



ですから、しっかりと「自分の目と鼻、耳」でリスクを察知する必要があります。



現場は信用しますが、人は嘘をつき、自分を守ろうとするものだということを

経営者は考えていなければなりません。



それが悪いのではなく、当たり前なのです。

人間ですから当然です。



経営者は自分の事業を大事に思うならば、現場とのコミュニケーションを図り、常に最新の事実を把握することです。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



FukushiVisionGroup株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティング



1.営業の右腕(営業支援)


2.人事の左腕(人材支援)


3.組織の知恵(組織強化支援)



ご相談はこちら↓



070-1527-2565





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page