top of page

プロジェクトチームに必要な要素を考える

お早うございます。医療・介護・福祉経営コンサルティング SELPFULJAPAN合同会社の塚本です。





今日は、プロジェクトチームの立ち上げと運営に欠かせない要素について説明します。













当初、医療・介護・福祉業界における組織の自主的なプロジェクトチーム立ち上げと運営は比較的少ないと認識しています。





組織内でプロジェクトチームを経験したことがあれば、それは専門家が支援している場合が多いでしょう。





これは否定的な事ではなく、とりあえずプロジェクトチームの設立・運営とその結果、成功した経験は組織にとって大きな価値を持つものとなります。





私自身も、過去にプロジェクトチームを率い、一つの総合診療所での経営支援に取り組んだことがあります。




当該クリニックでは、新型コロナウイルスの影響により新規患者が大幅に減少し、また同時に診療・介護報酬の減少が起きていました。




これをきっかけに、事務長の主導権の下、プロジェクトチームを結成し、5人のチームで再構築に取り組み、危機を脱することができた経験は、私にとっても大きな学びとなりました。










さて、まずは「チーム」について深掘りしてみましょう。


チームの定義

・チームは意図的に形成され、組織は自然に存在します。

・チームには共通の目標があり、グループにはそれがありません。

・チームメンバーには目標達成のための役割が存在します

・チームメンバーはみんなで協力し、依存する存在です。

・チームは3人以上、組織は2人以上です。




チームの型

・プロジェクト型(短期・中期・長期)

・定常型チーム(無期限または長期以上)

・緊急対応型チーム(超短期・即終了)



チームの生成過程

・形成期(1ヶ月以内)

・紛争期(1ヶ月~数カ月)

・統一期(数カ月~)

・機能期(数カ月~)



チーム推進プロセス

・議論する

・協働する

・実践する

・省観察する




このように、チームについて考える際には、自分たちのチームが何の目的で作られたのか、何を達成すべきなのか、どれくらいの期間で何を達成するのか、これらを明確にすることが重要です。




私が創業する前、法人で働いていた時に、大赤字の地方中核病院でプロジェクトチームを立ち上げ、職員全体で経営改善に向き合った経験があります。





結果として、プロジェクトを立ち上げてから3ヶ月で3000万円の見通しになったのですが、そこからが大変でした。




プロジェクトチームの任期は1年間でしたが、3か月でようやく目標を達成したことにより、「自分たちならやればできる!」という自信と達成感から、プロジェクトチームの継続が問われる形になりました。





具体的には、医師、看護師、コメディカルなどの専門職チームと医事課や総務課が混ざったチームは、7つのプロジェクトに分かれて、それぞれが目標達成に向けて進められていました。 これらは通常の業務とは別に行われる活動であり、その結果、業務量が1.5倍に増加しました。





プロジェクトチームの運営的な意味では難しいのは、チームメンバーのモチベーションの維持、成果の継続、そして継続評価です。





プロジェクトの期間が1年など長期に渡ると、モチベーションや競争の低下が起こり、結果に大きく左右されるため、各プロジェクトをサポートするリーダーの役割が重要となります。





大きな組織ほど、多くの人を巻き込む必要がありますが、もし皆さんの組織が小規模であれば、プロジェクトチームの状況を見ながら、スクラップビルドも考慮しながら、最適解を求めて進めることができると思います。


必要なのはメンバーとリーダー、そしてそれぞれの役割と目的です。


簡単ではありませんが、一度トライしてもいいかもしれませんね。




-------------------------------------------------------------------



【クライアント例】




アドバイザー支援/月額11,000円~

1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)


ご相談はこちら↓

selpfuljapan@tmotoshien.com

070-1527-2565

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page