top of page

サービス管理責任者はスケジュールを意識せよ

更新日:3月20日


近年、障害者事業に参入する経営者が増えたことで、届け出に必要なサービス管理責任者の価値が高まっています。


それと同時に、サービス管理責任者の「質」を問われるようにもなりました。



辞められたら困る!という理由から、経営者はサービス管理責任者に、必要以上に忖度し腫れ物に触るかのような扱いをしています。



このような現状を打破するためには、自由に動き回るサービス管理責任者を、ルールで縛る必要があります。





 



おはようございます。Fukushi Vision Group株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティングの塚本です。



筋肉痛が治りません・・・


チームラボの影響力がすごすぎます・・・


もう一生治らないのでしょうか・・・


help me とはこのことですね・・・





 


さて、本日は『サービス管理責任者はスケジュールを意識せよ』というテーマでお話をします。



今回、話をするサービス管理責任者は「障害者グループホーム」です。


障害者グループホームの場合、日中は基本的に誰もいませんよね。利用者さんも仕事に行っていますので、管理者やサービス管理責任者の仕事は、日によっては、ほとんどないかもしれません。



これまで、弊社が支援してきた障害者グループホームにおいて、サービス管理責任者の役割が不明確であり、日中の仕事について明確化されていないことがありました。



サービス管理責任者は、施設の鍵や車を持ち、自由に施設に出入りできるため、まさに自由行動なのですが、しかし、それは逆に言うならばサービス管理責任者の管理ができていないことになります。




 


自由だからこそ、サービス管理責任者は自分自身で、一日一日のスケジュールを定め行動予定を意識しなければなりません。



何か問題があったとき、誰がどこの施設に出入りしたか、

何か問題があったとき、誰が管理していたか、


この責任はどこにあるのか?



施設によってはサービス管理責任者であり、施設によっては管理者であるかもしれません。



スケジュールを明確にして、スケジュール通りに行動していれば、責任を問われたときでも回避できる証拠があるでしょう。



今、自由に動き回れる権限を得ているサービス管理責任者には、ぜひ行動予定とスケジュールの明確化を意識してほしいと思います。



これは、自分を守る唯一の方法かもしれません。










 

弊社ではこれまで30社以上の『営業』『人材』『組織強化』の3つをご支援しております。


【クライアント例】

・総合病院、総合診療クリニック、訪問診療クリニック

・有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム、デイサービス

・訪問看護ステーション、訪問医療マッサージ、訪問介護ステーション

・障害者グループホーム、就労継続支援B型・A型事業所

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FukushiVisionGroup株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティング

1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)

ご相談はこちら↓

070-1527-2565


Comentarios


bottom of page