top of page

『新規問合せ』の超重要な3つの意味とは



医療・介護・福祉事業にとって、そこで働く看護師、介護士、理学療法士、医師、薬剤師にとって、営業活動は苦痛でしかありませんよね。



そんな苦痛な営業活動に自分の時間を割き、そこには時間給としてお金が発生していることを考えれば、『新規の問合せ』を電話対応だけで終わらせるなんて、本当にもったいない。






 


おはようございます。医療・介護・福祉経営コンサルティング SELPFULJAPAN合同会社の塚本です。


なんでも過信はいけませんよね。それは常々、自分にも言い聞かせております。


最近、海や雪山など、自然に立ち向かう若者が多いですが、ニュースになるのはどれも、自己ではなく過信による行動ではないかと考えています。


自信を持つと過信するは似てるようで違いますよね、


いくつになっても謙虚でいたい今日この頃です。



 

さて、本日はせっかく頑張って新規の問合せをもらったのに、まったく活かさないで電話対応だけで終わらせてしまう『もったいなさ』についてお話します。



医療・介護・福祉事業でお勤めの皆さん、これは本当にもったいないです。



どんなに忙しくても、新規の問合せは何よりも大切にしなければなりません。



新規の問合せについて、少し説明すると・・・


実はこれ、3つの超重要な意味を持っているんです。




 

【新規問合せの超重要な意味】




①金のなる木

言わずとも知れている『売上』です。契約が決まれば、売上に繋がり、それが皆さんの給与として返ってきます。事業とは、この売上を目的として基本的には稼働しているのです。



②人助け

障害者施設にせよ、訪問系のサービスにせよ、それが総合病院やクリニックにせよ、問合せをしてくるということは、そこには『課題がある』ということです。なにかしら困っているのであれば、それを助ける義務があります。



③スキルアップのチャンス

新規問合せとは、今まさに困難を抱えている事例(ケース)なのです。こういった事例に対してしっかりとヒアリングを行い、自分たちならどのように支援するかを検討することは、スキルアップに繋がります。無理なケースでも、まずは真摯に対応することです。





 

営業活動、めちゃくちゃ大変じゃないですか?

嫌な営業活動を強制されて、なんとか頑張った成果が『問合せ』なのです。



その成果を活かすためには、電話だけで終わらせるなんてこと、絶対にしてはいけません。どんなに受けれないケースでも、相手は困っているのです。



役に立てるように、「自分たちでは受けれないケース」だけども、他なら受けれるかもしれないということで、他を探す努力をする等、できることはありますよね。



これが地域連携なのです。








 



弊社ではこれまで30社以上の『営業』『人材』『組織強化』の3つをご支援しております。


【クライアント例】

・総合病院、総合診療クリニック、訪問診療クリニック

・有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム、デイサービス

・訪問看護ステーション、訪問医療マッサージ、訪問介護ステーション

・障害者グループホーム、就労継続支援B型・A型事業所


1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)


ご相談はこちら↓

selpfuljapan@tmotoshien.com

070-1527-2565

閲覧数:1回0件のコメント