top of page

「伝える」を学び、求める成果を得る!

更新日:4月4日


おはようございます。Fukushi Vision Group株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティングの塚本です。



今日は「伝える力」を養うために必要なことは何か?というお話をいたします。




「伝える力」これは本当に難しいですよね。これが立派にできる人は、この医療・介護・福祉業界でも少ないのではないでしょうか。



「伝える方法」として、2つの軸で考えることができると思います。



何を対象(ターゲット)にして伝えるのか、これは2つあると考えています。



それが『感情に伝える』『理性に伝える』ということです。



これを、上手に相手の状況と性格に合わせて、バランスを取りながら、伝えることができれば本当に伝える力があるのかもしれません。





伝える力の矛先が、相手の感情と理性であることが分かっても、伝え方次第で求める成果の結果は変わってきます。




「伝える」ということは、「何か求める成果が存在する」ということです。



伝える→伝わる→成果を得る



最終的に成果を得るために、「伝える」という方法があります。



-------------------------------------------------------------------



次に、多くの場合、医療・介護・福祉現場では”チームプレイ”が要求されますが、その中でコミュニケーションの方法として『言語』というツールが使われています。


言語を利用し、求める成果を得るために、相手に伝えるのですが


ここで一つ誤解が生じてしまいます。



実は、「伝える」と「伝わる」では全く意味が異なるのです。



伝えるというのは、自分から相手に一方通行であり、伝わるというのは、双方向なのです。



良く現場では「伝えたのに!」と言って、相手のミスを責めてしまうケースがありますが、実は”伝わってなかった”のです。



つまり、相手が理解&納得してなかった。だから行動していなかったとなります。



伝わるためには、『伝え方を工夫する』ことが大切です。





この伝え方を学習するために、私からは「読書」をすすめたいと思います。



日本人の4分の1は読書をしないと聞きます。実は私も30歳まで、少年ジャンプの立ち読み派であり、一切読書をしてきませんでした。



しかし、社会で仕事をするならば、確実に人とのコミュニケーションが必要となりますので、円滑にさせるための能力を養うことが求められます。



読書は毎日続けていれば、1年後には元の37倍になっていますから、継続する必要性があるのです。



読書は、読んで(インプット)書いて(アウトプット)本当の意味となります。



伝える力、難しいですが今からでも学習するといいかもしれませんね。








-------------------------------------------------------------------



【クライアント例】



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FukushiVisionGroup株式会社 医療・介護・福祉経営コンサルティング

1.営業の右腕(営業支援)

2.人事の左腕(人材支援)

3.組織の知恵(組織強化支援)

ご相談はこちら↓

070-1527-2565


最新記事

すべて表示

תגובות


bottom of page