図1.png

​人事支援とは

​-医療・介護・福祉の総合支援事業-

​〒104-0016 

東京都中央区銀座1-22-11-2F

selpfuljapan@tmotoshien.com

ビジネスミーティング
  • Facebook
  • YouTube

​About 人材支援

‐採用支援の全体像

弊社の取り組む採用支援は主に3段階です。第一段階は、現状必要な人員を確保するための採用代行支援です。
現状人員が足りない中で、新たに採用に取り組む時間とコストを費やすことは困難です。共に行動できる社員の方と一緒に、無料媒体を活用しながら、可能な限り費用を抑えて短期間で専門職採用に望みます。第二段階は、採用した社員と既存の社員の離職を防ぐ定着支援を実施しいたします。第三段階に、採用から定着まで共に実施してきた活動を組織の中に落とし込みます。最終的には、自社が自らコストをかけずに採用と定着ができるような『仕組み構築』を行います。

2021-08-01 (6).png

​採用支援

‐必要な人材確保を支援

​現状分析

市場分析

​現在と過去の採用状況と結果、退職率、退職要因、採用の取組みについて、定量と定性の両方で分析を実施します。分析をすることで、応募者傾向や採用傾向が把握でき、採用推進する上での戦略と計画を立案することが可能になります。

​職員インタビュー

インタビューを受ける女性

​医療機関や会社の実態を、職員インタビューすることでリアルな実態を把握します。強み・弱みをしっかりと求人媒体に掲載することで、入社前と入社後のギャップがなくなり、離職率を減少させることができます。この職員インタビューは客観的に、自分たちを見つめ直す良い機会にもなります。

​採用チーム発足

ザ・ゴー!チーム

​職員採用は、一部で行っても意味がありません。組織は「人」で成り立っています。社員全員という意識で取り組む必要があり、雇ったならしっかりと育てる必要があります。『組織で採用に取り組む』ために各部署から採用チームに参加することで、採用にかかる労力やコスト、時間、大変さを共有することができます。

​採用活動

オフィスのテーブルスペース

​採用はまず知ってもらうことから始まります。ネット、紙、社員紹介等に分けて、それぞれの戦略を立案します。ネットでは、無料媒体を上手に活用することで看護職、介護職などの専門職も採用することが可能です。極力費用をかけず、全員で採用に取組みます。

​学校連携の強化

高校の外観

採用戦略には、中途採用と新卒採用を獲得するための取組があります。新卒採用を促進させるには、地元の高校、専門、大学との連携が不可欠です。即結果につながることがありませんが、おおよそ3年の計画を立て、学校訪問を共に実施します。これもひとつの営業です。ただ求人票を渡すだけでなはく、学校側の課題を解決できないか?相互コミュニケーションが重要です。

​採用フロー再構築

グラフの分析

​人材採用は、『営業活動』なのです。ひとりのお客様を獲得するの同じで、丁寧に進めなければなりません。医療機関や企業側は、時代の変化に合わせて採用フローを見直す必要があります。これまでの選ぶ立場から選んでもらう立場になったのです。採用フローは実働とともに、それぞれに合った形で構築することができます。

​定着支援

‐人材を定着させ育てる支援

​人材の定着とは、実は採用前から始まっています。定着しない大きな理由は2つです。入社前の条件と入社後の条件にギャップがあること、そしてもう一つは人間関係です。職員の退職にも種類があります。ひとつは「旅立ち」もうひとつは「離脱」です。退職にもポジティブとネガティブがあります。人生において、仕事は大きなウェイトを占める中で、人間は現在より良くなりたいという『成長欲』が必ずあります。やるべきことはネガティブな退職を減らし、人が成長を望める組織にすることです。

チーム会議

​職員面談

​人材定着に欠かせないのは、職員とのコミュニケーションです。弊社では、職員との『対話』と『傾聴』を最重要視しています。多くの組織では、コミュニケーションを図ることに負担を感じ、時間のロスであると認識しております。定着支援では定期面談を通じて、職員の本音をヒアリングしています。

ビジネスミーティング

​レポート作成

​定着支援では、定期面談の内容を定量的・定性的にまとめたレポートを作成しております。客観的に、視覚的に見ることにより、冷静に現状を捉えることが可能です。弊社では、コンサルタント側からのコメントも加え、経営者様にフィードバックをしております。

数字の分析

​職員アンケート

​定着支援では、職員アンケートを実施し組織改革のヒントを得ます。アンケートは、あらかじめ想定されるリスク事項、懸念事項を盛り込むことで、想定されることの事実確認を行います。感覚で動いて対策を講じるよりも、より確実に現場の意見を吸い取り、実行することができます。

ノートパソコンに向かう男性

​SELPFULJAPAN合同会社

​-医療・介護・福祉の総合支援事業-

​〒104-0016 

東京都中央区銀座1-22-11-2F

selpfuljapan@tmotoshien.com